薄毛の対策にサクセスの薬用シャンプーは効果がない?

サクセスの薬用シャンプー

薄毛の対策にサクセスの薬用シャンプーを使ったのだけどその効果は…?

薄毛対策のアイテムとしてかなりメジャーなのが花王の「サクセス」ですね。

育毛トニックだけでなく、シャンプーやリンス、頭皮専用の洗浄ブラシなんかも販売されています。

CMなどでよく見かけるこのサクセス。あの泡立ちに気持ちよさそうなあの表情。なんだか効果がありそうで、思わず買ってしまおうかと考えてしまいますね。

身近な薬局で購入できますし、リーズナブルなのも魅力的です。

正直、「この価格なら効果が無くてもいいや」って気になりますよね。でも、このサクセス薬用シャンプーに効果は一体どれほどのものなのでしょうか?

サクセス薬用シャンプーの「売り」を一つ一つ検証してみました

頭皮に「直シャン!」は危険?

サクセス薬用シャンプーでは、その形状も独特で直接頭皮に原液をつけてから泡立てていくことを薦めています。

これを「直(じか)シャン」と呼ぶそうなのですが、この直シャンは本当に効果があるのでしょうか?

サクセスの公式ホームページによると、

「シャンプーの泡は、泡立ちはじめがもっとも洗浄力のある状態。洗っていくうちに、泡が汚れを取り込み洗浄力は次第に落ちていきます。」

と書かれています。

毛穴の汚れを泡立つ最初のタイミングで取り込むということなのですが、なんとなく納得してしまう説明です。ですが、僕個人の見解はちょっと違います。

毛穴の汚れは、女性の洗顔フォームのように泡立ててから、その泡を使って落とすのがもっとも効率的だと思います。

毛穴をキレイにすることが絶対条件のニキビケアでも、洗顔フォームを直につけるなんて聞いたことがありません。

また、原液を直接頭皮につけることで、その原液そのものが毛穴に詰まる、または残り炎症の原因になることもあります。

薄毛を改善する成分が含まれていない

サクセスの薬用シャンプーで有効成分とされているのは、「ピロクトン オラミン」のみです。

この「ピロクトン オラミン」の効果は「殺菌」のみです。

ニキビの改善にもこの殺菌は重要な役割を果たしますが、毛穴の雑菌の繁殖を抑え、毛穴の炎症を予防するというだけでは髪は生えてきません。

その他にも、「血行促進」や「男性ホルモンの抑制」などが効能として無いと、薄毛対策としてはかなり頼りないというのが僕の正直なところです。

これは、「シャンプーそのもので薄毛を改善するものではない」ということなのかもしれません。

シャンプーには頭皮を清潔に保ち、洗髪後の育毛剤の浸透を助けるという「補助」の役割が大きいと僕は考えています。ですから、シャンプーそのものに育毛効果がなくてもよいということかもしれませんが、あんなCMを見せられると、

「抜け毛が少なくなるんだ!」「薄毛が改善されるかも?」

と期待してしまいますよね。

サクセスのあのCMはかなり大げさだと言って間違いありません。「効く〜」とか言うあの台詞もかなり曖昧ですしね。

僕も実際に使っていた時期があります。洗ったときの爽快感や、あの何とも言えない香りは僕の好みなのですが、やっぱり薄毛を改善させるほとの効果を感じることはできませんでした。

成分を見たところ、シャンプーの中では、ドクターボーテムシャンプーが最も薄毛の改善を期待できる成分が多く含まれています。

その分やはりお値段は高めですけど、なんでも価格相応だということですね。