薄毛の情報収集で失敗する原因

薄毛の情報収集

薄毛がなかなか改善しない…それは薄毛の情報の集め方に問題があるのかも

集めた薄毛についての情報を元に薄毛対策をしているのに、一向に薄毛が改善する気配がない…どうして?と途方にくれていませんか?

薄毛の対策は「まず薄毛のことを知ることから」というのは当然ですよね。「恐怖」や「不安」は知らないからこその感情ですから、知ってしまえばなんてことなかったりします。薄毛だって一緒ですよね。

だけど、薄毛について調べてどんどん情報を蓄積し、いざ薄毛対策!と始めてもなかなか効果を感じられないケースがあります。

それは「薄毛の情報収集」に問題があります。正しい情報収集の方法をご紹介します。

薄毛の情報収集はほとんどネットで済ませていませんか?

先にお伝えしておかないといけないのは、このサイトの管理人である僕も「薄毛については素人」であります。医師でもなければ、製薬会社の関係者でもなく、育毛サロンに勤務しているわけでもありません。

でも、あなたと同じように薄毛に悩み、そして薄毛の改善を実感した「経験者」でもあります。

ですから、僕個人の経験から得た情報を発信しているわけですが、ネット上の薄毛の情報はほとんど「薄毛未経験の素人」が書いています。

この人達の共通点は、

  • 情報が似ている
  • 文章に感情がない
  • よく分からない商品をすすめてくる
  • 体験談がない

この4つがよく見られます。

情報が似ている

これは単純に、そのへんのネットの情報を少し書き直して載せいてるから情報が似てしまうんです。大体内容がペラペラです。

文章に感情がない

薄毛を経験していないので、文章に気持ちが入りません。もともとそういう文体と言う人もいるかもしれませんが、経験していないことに感情を乗せることは難しいということです。

よく分からない商品をすすめてくる

使ってもいない、聞いたこともない商品をすすめるサイトがあります。商品を購入してもらって、いくらかの利益を発生させているわけですが、その育毛アイテムの説明書をなぞるような情報を掲載しているだけで、おそらく本人は使ったこともないと思います。

体験談がない

専門科なら「症例」みたいな形で、サイトの運営者があなたと同じように薄毛に悩んでいるのなら、その体験談を掲載しているのが普通です。でないとその情報には根拠がないということになるからです。

中には体験談と称して、「こんな箱で届きます」とか、手のひらにかけて「水のような感じです」なんて知ったようなことを書いている人もいますが、そんなこと誰も知りたくないですよね。

知りたいのは薄毛が改善したかどうか?ということではありませんか?

僕のこのサイトでも、使った育毛剤の体験談(個人の感想)を書いています。使っていない人には、文章を流用しない限り書けない内容になっています。

薄毛の情報収集は本や経験者の意見を参考にしましょう

ネットはあくまで素人の意見以下のものが多いのが現状です。それに比べ本はそれなりの費用が無ければ作ることはできませんし、著者が本名のケースがほとんどなので責任の所在も明確ですし、多くは専門科の意見が書かれています。そこにも

  • 通院してもらう
  • 薬を使ってもらう
  • 商品を買ってもらう

などの目的はありますが、それでもネットで素人以下の書く情報を集めるよりは数倍マシです。

また、経験者のサイトやブログには「薄毛対策前」と「薄毛対策後」の写真が掲載されているケースもあり、実際にその人が薄毛が改善してきているかなどの判断もできるので、参考になるケースも多いです。

間違っても、うわべだけの薄毛の情報に惑わされないようにお気をつけください。

→管理人が使っている育毛剤体験談