薄毛対策にセファランチンは効果があるの?

セファランチンは効果があるの?

皮膚科で処方さたお薬「セファランチン」

薄毛に悩んで、頼れるのは病院!と診察してもらった結果、処方されたセファランチンというお薬。言わば薄毛治療のプロが処方してくれた薬なので、そのうち効果が出るだろうと服用してみた結果・・・効果がない!薄毛が改善されない!

セファランチンを服用する期間が短いのではないか?と思いながらも一体いつまでセファランチンを服用すれば効果があるの?という疑問から、そもそもセファランチンを服用し続けることにさえ疑問まで・・・。

こうなってしまっては、例えセファランチンに薄毛を改善する効果があってもも台無しです。「病は気から」「信じるモノは救われる」なんて言いますよね。薄毛の改善には気持ちも大事だということです。そのためにはセファランチンのことを知らないといけません。

セファランチンの主な役割は「血行促進」

皮膚科で処方されるセファランチンは、「円形脱毛症」や「白血球減少症」などに用いられる薬です。

  • 抗アレルギー作用
  • 血行促進作用
  • 免疫機能増強作用
  • 造血機能の改善作用

などが主な効果です。

あなたの薄毛改善に直接作用するのは、「血行促進作用」です。特に、頭頂部の薄毛には、血行の改善なくして薄毛の改善はあり得ません。

血行を促進することで、髪を生やし育てるための酸素や栄養素が多く広く届けることができます。栄養不足の土で育つ作物より、栄養をきちんと蓄えた土地の方が作物が立派に育つのは説明するまでもありませんね。

セファランチンを服用する期間

最低でも3ヶ月から半年は服用する必要があります。その理由は、体の入れ替わりにはその程度の期間が必要だからです。今日取り入れた脂肪分が、明日体にすぐ影響を及ぼすことがないように、体質改善にも時間が必要です。

もちろん人によっては必要な時間も違いますし、そもそも薬が合わなくて効果が出ないということも知っておかないといけません。

前頭部(生え際)はセファランチンだけでは力不足

血行が改善されるなら、薄毛も改善されるということはイメージしやすいですね。でも、セファランチンだけでは生え際の薄毛には効果はあまり期待できません。

それは、生え際の薄毛の原因は主に「男性ホルモン」にあるからです。この男性ホルモンを抑制しないと生え際の薄毛の改善は難しいでしょう。生え際だけでなく、男性ホルモンの影響は頭頂部の薄毛にもみられるので、全体的に薄毛という人にはセファランチンだけでは力不足です。

セファランチンを含み男性ホルモンを抑制する育毛剤

セファランチンだけでは難しい薄毛の改善も、別の効能を持つ要素を含んだ育毛剤で薄毛の対策ができます。

長く薄毛の対策をやってきた僕が知る限り、この条件を満たす育毛剤はたった1つだけ。それは、薬用プランテルです。

血行改善には、「セファランチン」と「センブリエキス」の2種類使用し、これだけでも珍しいんですが、男性ホルモンを抑制するために、「ヒオウギエキス」を配合しています。

しかも、この薬用プランテルは「生え際の薄毛専用」に作られた育毛剤です。実際僕も使用し、その効果を実感しています。

→薬用プランテルのレビューはこちら

セファランチンのみの服用で、薄毛の改善が見られないようでしたら、この薬用プランテルを使ってみてください。

プランテル