育毛剤は薄毛になったら効果がない?

育毛剤をどんなに使ってももう手遅れ?

薄毛は毛髪が無くなったわけじゃありません!

薄毛とは、“毛髪が無くなってしまった状態”だと思われていませんか?
実はそんなことはありません!公園などでたたずんでいるハゲたおじいさんの頭などを、迷惑にならない観察してもらいいのですが、うっすらと髪が生えているはずです。それこそ産毛のような可愛らしい毛です。

「薄毛」とは、その名のとおり“髪が薄くなった状態”のことを言います。毛髪が無くなってしまった状態のことではありません。言い換えれば「髪が細くなった状態」のことです。

髪が残っていれば薄毛にも育毛剤は効果あり!

薄毛になったからといって決して手遅れだということはありません。薄毛なのか薄毛ではないのかの違いは、髪の本数ではなく、髪の太さで決まります。

例えば、そうめんとうどんでは同じ本数でも、ボリュームがまったく違うのと同じです。ということは、細くても毛髪が残っていれば、髪を育てる環境は今も生きているということがわかります。

その髪の毛を育ててやれば薄毛は次第に改善していくということです。これこそまさしく“育毛”ですね!

細い髪に効果的な育毛剤とは?

髪が細くなるということは、男性ホルモンの乱れや、血行不良、頭皮環境の異常などがほとんどの原因です。

髪を太くしたいならまずはこの原因から解決しないといけません。それには気軽にはじめられる育毛剤がおすすめです。

育毛剤はたくさんの種類がありますが、「男性ホルモン」「血行不良」「頭皮環境の改善」を効果に言及している育毛剤はそんなにありません。

また、薄い箇所が生え際なのか頭頂部なのかでもできれば使い分けたいところですね。
前髪なら「薬用プランテル」、頭頂部なら「チャップアップ(CHAP UP)」がおすすめです。というのも僕も使っているからです。

今のところどちらも効果を感じています。あくまで個人的な感想ですので参考程度にでもしていただければ幸いです。

管理人愛用!薬用プランテルの体験談はこちら >