実はモテる!?今流行りの薄毛男子!

薄毛はモテる!

薄毛はモテない!なんてウソ!?

薄毛がなぜコンプレックスなのかと考えると、「日差しがきついと頭皮が痛いから」なんてことを言う人はいませんよね。やっぱり薄毛だと見た目に影響するからコンプレックスなんですよね。

もちろん毎日鏡で見る「自分自身の視線」も気にはなりますが、やっぱり薄毛だと他人からの視線が一番気になります。しかも女性からの視線はそれこそ頭皮が痛いと感じるほど気になるものです。潜在意識の中で「薄毛はモテない」ということが絶対なんだと思います。

しかし、世の中にはかなりの強者がいるようで、「ハゲの神様に感謝している」なんて言葉が口から出るほど薄毛を気にしないどころか、薄毛が自分にとって長所だと考えているようです。その男性とは、映画俳優の「ジェイソン・ステイサム」です。

男らしさなら、フサフサよりも薄毛⁉︎

僕は今も継続して育毛剤による薄毛対策をしていますが、ジェイソン・ステイサムはそんな女々しいことはしないようです。人前に出る職業である俳優たちは、いつの時代も薄毛対策に「植毛」や「カツラ」を用いては視聴者、観覧者に薄毛なんじゃないかと疑われていますよね。

例えば、海外の俳優なら「ジョン・トラボルタ」や「ケヴィン・コスナー」、日本なら「神田正輝」なども以前からカツラ疑惑がありますし、『フサフサな髪こそイケメンの証』というのが今までのトレンドでした。

し かし、2014年の『Men's Fitness』の調査によると、最も男らしいイギリスの男性に選ばれたのが「ジェイソン・ステイサム」です!007シリーズの「ダニエル・クレイグ」 や、ノッティングヒルの恋人など数々の恋愛映画に出演している「ヒュー・グラント」、イケメンの代名詞「オーランド・ブルーム」などのフサフサ男性を抑えての1位なんです!

さらに驚くことに、この調査に投票した24%が「髪の有無が男性の魅力に影響を与えない」だと回答しています!

薄毛対策はもう古い?今は隠さず薄毛をアピール?

では、最も男らしいイギリスの男性に選ばれた「ジェイソン・ステイサム」は、自分の薄毛についてなんと言っているのかというと、

「自分が薄毛だということに髪に感謝している。そもそも、自分には髪の毛なんて似合わない」

格 好よすぎませんか⁉︎これだけ自信に満ち溢れていると、「薄毛で悩んでいます」とジェイソンの前では言えませんよね。他にもブルース・ウィルスも「薄毛を 指摘する奴は、男らしさを失っていると思わせたいだけ」とかなり強気な発言をしています。ワイルド・スピードに出演しているヴィン・ディーゼルも、薄毛に悩むなら早いうちに坊主(スキンヘッド)にした方がスタイリッシュと言っています。

確かに、ジェイソンもブルースもヴィンも男らしく、薄毛であることなんて全く気になりませんよね。というよりも格好いいですよね!

格好いい薄毛男子の共通点はコレ!

興奮して『薄毛男子は格好いい』を伝えていますが、冷静に見ると格好悪い薄毛男子もいます。何が違うのかと考えたところ、格好いい薄毛男子にはある共通点が見つかりました。

  • 一切薄毛を隠さない髪型(スキンヘッド、坊主、オールバック)
  • 自信に満ちた顔、姿勢
  • 健康的な体(ムキムキが多い)

どうでしょうか?笑顔が素敵なんてのもありますが、とりあえずは自信に満ち溢れているんですよね。逆に格好悪い薄毛男子には、

  • なんとか薄毛を隠そうとする髪型
  • 姿勢が悪く猫背。視線も下に落ちがち
  • 痩せ、またはぽっちゃりで筋肉の張りが見えない

と、格好いい薄毛男性の条件とは全く逆です。あなたはどうでしょうか?ちなみに僕は、猫背でお腹が出てきています。デスクワークなのでうつむきがちですし、肌の色も青白いです。どう見ても『格好の悪い薄毛男子』かと思います。

このまま育毛剤を使い続けるのか、それとも体を鍛えて堂々と薄毛を晒すのか…。いざ自分に置き換えるとやっぱり育毛剤はまだ手放せそうにありません。せめて胸を張るところから始めたいと思います。

しかし、『薄毛は格好悪い』というのはどうやら本人次第で改善できるということは、薄毛に悩む僕にとっても、きっとあなたにとっても朗報ですよね!お互い胸を張っていきましょう!