無添加シャンプーは薄毛対策に本当にいい?

無添加シャンプーは薄毛の対策になるの?

無添加シャンプーは薄毛対策になるの?

自然素材や天然由来成分、そして無添加とナチュラル系の美容商品、食材が今となっては主流と言っても過言ではないですよね。我が家も石鹸やハンドソープ、食洗機の洗剤まで無添加のものを使っています。やっぱり響きからして体に良さそうですしね。

僕は子供の頃からアトピー性皮膚炎で悩んでいて、雑巾や食器洗いなどをするとすぐに手が荒れてしまいます。ですので日頃使っているものにはかなり神経を使います。それはもちろんシャンプーも例外ではありません。シャンプーももちろん無添加シャンプーです。

しかし、サクセスやリアップなどのシャンプーに比べると、洗浄力や育毛効果、薄毛対策という点ではどうも頼りない印象があります。無添加のシャンプーは本当に薄毛の対策に良いのでしょうか?

そもそも無添加ってどういうこと?

添加物とは、保湿や防腐作用、酸化防止など長持ちさせ成分を安定させるものです。食品でも本来はもっと早く腐ってしまうものがなぜ長くキレイな形を保てているかというと、この添加物の作用が大きいからですね。

シャンプーも同様で、防腐剤の他にも抗菌剤や香料など「使い心地が良い」と思わせる添加物が入っているものが薬局ではたくさん並んでいます。

それら添加物が含まれていないシャンプーが「無添加シャンプー」と思いがちですが、どうやらそういうことでもないようです。このシャンプーなどの無添加とは、メーカーにもよりますが「旧表示指定成分」が含まれていないという意味が多いようです。

この旧表示指定成分とは、1980年に厚生労働省がアレルギーなどの皮膚障害を引き起こす恐れがある102種類の成分のことを言います。

無添加シャンプーは薄毛対策には逆効果?

1980年に指定された添加物ですので、当然それ以降に使用され始めた成分もあるわけで、それらを使用しても「無添加」と言ってしまって問題ないということになります。

そして、もう一つ別の問題としては「そもそも無添加シャンプーは薄毛対策に良いのか?」ということです。無添加とは「アレルギー」に対して良いものであって、髪に対して良いですよというものではありません。無添加シャンプーでも成分によっては髪を傷めてしまうものもあり、切れ毛や抜け毛、強いては薄毛の原因にもなりえます。

そもそも、昔からあるメリットなどのシャンプーには添加物が含まれていても、その添加物のせいで薄毛になったなんて聞いたこともありませんし、メリットを使っていても剛毛の人もいます。大事なのは、薄毛に効果のある成分が含まれているかどうかということになります。

薄毛に効果がある成分とは、血行を促進する「センブリエキス」や抗菌作用のある「グリチルリチン酸」が含まれていて、かつ髪の成分と同じ「アミノ酸系」のシャンプーが効果が期待できます。有名なプレミアムブラックシャンプーもその一つですので、薄毛をシャンプーで対策したいという人にはオススメです。

それでも僕が無添加シャンプーを使う理由

薄毛の対策には適したシャンプーがあると紹介しましたが、僕は今激安の無添加シャンプーを使っています。その理由は肌が弱いからです。このプレミアムブラックシャンプーも悪いシャンプーではなかったのですが、それ以上に肌に合うシャンプーをそれも激安で見つけたからです。

そのシャンプーは「カウブランドの無添加シャンプー」です。近所にあるドラッグストアにも並んでいる珍しくないシャンプーですが、これが今のお気に入りです。刺激が全くなくそれでいて泡立ちも良いので、洗ったという気持ちよさもありますし、そこまで洗浄力が強くないのでリンスやコンディショナーの必要もありません。

また、洗浄力の強いシャンプーは薄毛の原因にもなりますので、僕の薄毛の対策にも非常に合うということです。

やっぱり薄毛の対策は育毛剤がベースですね。