喜んではいられない薄毛男子が活躍する理由!

薄毛男子が大活躍

薄毛男子の活躍がめざましい!これからは薄毛がトレンド⁉︎

ここ毎日テレビを見ていると、薄毛芸能人の顔を見ない日はありません。正確には「坊主」も含みますが、それにしても画面の中でピカピカと輝く姿はこちらも勇気付けられるものがあります。

「M-1グランプリ」で優勝したトレンディエンジェルの2人に、「キングオブコント」の優勝コンビのコロコロチキチキペッパーズのナダル。

とある記事では「坊主」扱いですが、確実に我ら薄毛男子の仲間であるバイキングの小峠やあばれる君なんかもそうですね。

みなさん飛ぶ鳥落とす勢いで、お茶の間をわかしています。単純に「薄毛の時代キター!」なんて喜んでいる人もいるようですが、これには何やら理由がありそうです。

薄毛のことを調べに調べた僕なりに薄毛男子の人気について考えてみました。

「性」の匂いがしない薄毛男子

薄毛というのは、今まで誰にとってもネガティブな要素でした。テレビに出ている薄毛のタレントはカツラをかぶって隠すか、薄毛を活かした根暗な役柄が多いですね。

薄毛でカッコイイ人は決まって、体格が良く、我が道を行く男らしさがあります。ハリウッドの俳優たちや日本のスターと呼ばれる人たちは大体この部類に入ります。

「薄毛は格好悪い」ということは変わりようのない事実でしたが、「薄毛で何が悪い!」と言わんばかりの薄毛をポジティブなイメージをとして捉えて活躍しているのが、先に紹介したお笑い芸人たちです。

彼らに共通しているのは、ハリウッドスターのようなたくましさや格好よさはなく、「男臭さ」すらありません。「性」の匂いがどうもしないんです。

人気の薄毛男子には性ではなく「母性」を感じる?

男臭さが感じられない薄毛男子なんて過去にはあまりいません。そもそも薄毛には男性ホルモンが関わっているというのが通説ですので、薄毛の男性は生欲が強いと考える人が多いのですが、性を感じないということは男性として見られていないということです。

女性にとって性を感じられない男性は「無害」な存在になります。無害な男性がテレビの中で活躍しているというのは、ふなっしーなどの可愛らしいキャラクターが活躍しているのと同じだということです。しかもツルツルとした頭は赤ちゃんを連想させ、母性本能をくすぐるというわけです。

喜んではいられない薄毛男子が人気の理由

性を感じさせない中性的な薄毛男子の登場を、「薄毛を隠したい男性に勇気」「薄毛がコンプレックスの時代は終わり」なんて浮かれている声も見かけますが、実態は「男性として見られていない」ということです。万が一女性に迫ったとしても、「そんなつもりじゃなかった」と断られる可能性が大きいです。

薄毛を気にするのは、異性の目を気にしているというのが大半ですよね。今の流行りに乗って中性的な薄毛をアピールすれば好感は持たれても、好意に変わるかは別の話です。

僕だったらギラギラと薄毛は男性ホルモン!感を出して、そんな薄毛を好んでくれる女性が現れるまで頑張ります。中途半端な人気なんていりません!

だけど、薄毛対策は怠りませんよ!できればやっぱり薄毛ではない方がいいですもんね。