静電気が薄毛の原因!?髪の毛を静電気から守る!

静電気は薄毛の原因

静電気のせいで薄毛になるってホント!?

秋から冬に移るにつれて静電気が発生しやすくなりますね。ドアノブや人に触れると「バチッ」とくるあのいやなヤツですね。

体質にもよるのですが、静電気のせいで電子機器を破壊してしまう強者もいるそうです。確かにこれはこれでめげると思いますが、ここ最近の僕たちにとって静電気にまつわるあまりうれしくないウワサが広まっています。

それは、「静電気は薄毛の原因になる」というものです!

さてさてその真相を考えていきましょう。

そもそも静電気ってなに?

結構調べてみたのですが、難しい説明が多いので僕なりに簡単に要約すると、「余った電気が体に残っちゃった」状態のようです。

電気は−(マイナス)から+(プラス)へ流れるものですが、服の摩擦などで体に電気が残った状態、これが帯電ですね。これが余った電気です。

このとき、体に蓄えている電気はプラスで、マイナスの電気は奪われている状態です。

で、これが人や金属など通電するものに触れることで電気が流れる(放電する)のですが、これが「パチッ」と音とちょっとした痛みを感じさせるワケです。

不健康だと静電気を溜めやすい?

静電気が「体質」のせいで溜まりやすいという人もいますが、どうやら、静電気体質の人には「不健康」の人が多いようです。

静電気が溜まっている状態は、プラスの電気が多く、マイナスの電気が奪われた状態です。

すると、血中のマイナスイオンが減り、血液はドロドロ。血流が悪くなることの健康への影響には、

  • 肩こり
  • 冷え性
  • 腰痛
  • 関節の痛み
  • 免疫力の低下
  • ストレス耐性の低下
  • 胃腸の不調
  • アレルギーの悪化などなど

もっと怖いのは脳梗塞など直接命に関わるケースもあります。

静電気は薄毛の原因になる!

そして、今回のこの記事のキモですが、静電気は薄毛の原因になるかどうかというと、静電気が血行不良とつながっているということは、血行不良は薄毛の原因になるので、結果「静電気は薄毛の原因になる」ということになりますね。

また、静電気の影響は血行不良だけでなく、昭和大学客員教授の堀先生によると、髪の毛は静電気が起こりやすく、その静電気が毛根や脂肪に溜まり、毛が抜けやすくなります

静電気対策は薄毛対策になる!

静電気を溜めるから血液がドロドロになるというよりも、血液がドロドロだから静電気を溜めやすいと言えます。

そこで、静電気対策を行うことで、薄毛の対策も一緒にやってしまいましょう。

静電気対策は主に2つ。

  • 静電気を溜にくくする(放電する)
  • 血流をよくする

静電気を溜にくくする(放電する)

静電気を溜めにくくするという方法は放電をメインに身の回りにも気を配る必要があります。

  • 5時間おきに手を洗う
  • 塩をひとつまみ入れた水を飲む
  • 土に触れる
  • 観葉植物を置く
  • 加湿器を使う(理想の湿度は50%)

など。あと、衣類にも気をつけましょう。

血流をよくする

血行不良は先に書いたとおり万病の元です。生活習慣の見直しにもなるのでできることから始めましょう。

  • 規則正しく7時間程度の睡眠
  • 1日30分程度のウォーキングなど適度な運動
  • 白米や麺類などの炭水化物、おかしなどの糖質を抑え、魚や海草、野菜や豆類を積極的に食べる
  • お風呂で体を温める

などです。

さらに、薄毛の対策も考えると、センブリエキスなどの血行促進作用の成分が配合された育毛剤に使用もおすすめです。