薄毛の原因は老化?

歳をとると薄毛になる?

薄毛が気になり出すと、「え〜!?おれ、まだ30代なのに!!」なんて、薄毛の一つの基準として年齢があがります。

「まだ30なんだから大丈夫でしょ?」と励まされることもあります。

おそらくこれは、「歳をとると薄くなる」ということが、にわかに常識となっているということですね。

では、老化が薄毛の原因ということは本当なのでしょうか?
先に答えを申し上げると、「本当」だということです。しかし、実際には老化がもたらす2つの現象が薄毛の原因になるということです。

老化がもたらす2つの薄毛の原因

原因その1:新陳代謝の低下

まずは新陳代謝の低下です。
新陳代謝は、体のすべての器官で行われているといって間違いないでしょう。古い臓器を新しく、血液だって、骨だってそうです。しかし、歳を重ねていくと、ある一定をこえて新陳代謝が低下していきます。自然の摂理ですね。

20代の皮膚と60代の皮膚は明らかに違います。新陳代謝が活発に行われていれば、シワが出来る前に皮膚が入れ替わります。この皮膚の比較だけでも新陳代謝の低下は見て分かりますよね。

髪自体は「死んだ細胞」なわけですが、それを作り出すところではやはり新陳代謝が行われています。それも歳と共に生産性が落ちるということです。

原因その2:血管の衰弱による栄養不足

新陳代謝を行うにも、その栄養と酸素が必要です。それを送り込むのが血管です。高齢になると血管が細くなり、いままで髪を生産するのに必要だった栄養を送り込むことができなくなります。
実際は、栄養不足で餓死したとしても髪が抜け落ちているかといえばそうではないのですが、長期的な栄養不足なら起こりうるということです。

今のあなたにも毛髪の老化現象が起こっているのかも?

こうして2つの原因をみると、あなたに起こっていてもおかしくはありません。新陳代謝の低下は日頃の運動不足が原因で起こりますし、偏った食生活や、ストレスによって血液がスムーズに流れず栄養不足、酸欠を起こすことも考えられます。

薄毛の原因を見直し、薄毛対策をしっかり行いましょう!