髪を頻繁に洗いすぎると薄毛になる?

「髪を頻繁に洗いすぎると薄毛になる」は本当?

髪は洗いすぎると傷む

髪は生え始めた頃が一番健康な状態です。
そこから、汚れや皮脂、紫外線、ブラッシングによる摩擦などなどで、髪はどんどん傷んでいきます。

しかし、これはあくまで「毛髪」の話で、髪を養う頭皮より内側にはなんの関係もありません。
洗いすぎると薄毛になるということはないのです。

洗髪は1ヶ月に1度でいい

かといって、そんなに神経質に洗う必要もありません。

医学的に、皮膚が新陳代謝によって入れ替わるのは、大体1ヶ月程度です。
医師の中には、この自然と入れ替わる時期になにかダメージを与えることが一番よくないという人もいます。
そして、この医師いわく、「洗髪は1ヶ月に1度でよい」ということだそうです。

確かに、昔の人は毎日洗髪をするといった習慣はありませんでした。
大体3日に1度や、週に1度という人も珍しくありません。
これほど毎日頭を洗うことが当たり前となったのはつい最近のことです。

そうやって考えると、確かに理屈としては、あながち間違ってはいませんが、1ヶ月も洗髪しないと、ニオイや髪のダメージなど別の問題が発生します。
神経質になりすぎるのも問題ですが、毎日洗髪するぐらいならなんの問題もありません。

フケが気になるようなら、洗い方に気をつけよう!

洗髪をまめにおこなうこと自体は問題ありません。
しかし、あなたがもし、フケで悩んでいるなら、気をつけないといけないのは、「頭皮」を傷めないようにすることです。
フケが気になるあまり、爪を立てて洗っていませんか?

頭皮が物理的な刺激を受けると、皮膚は修復するために活動を活発にし、過剰に増殖した皮膚が「フケ」となります。
それを気にして余計に爪を立てて洗うと、悪循環になり、さらにフケが出ます。

頭皮を洗う時は指の腹で揉むように洗うのが大切です。