頭皮のにおいが気になる人は薄毛予備軍?

あれ?頭皮くさくない?

頭皮のにおいが気になる…

年齢を重ねると共に、体のあちこちが若い頃とは違ってきますね。

体力はもちろん、変なところから毛が生え始めたり。そして加齢と言えば加齢臭です。「におい」そのものが変わってきますね。

そしてここ最近頭皮のにおいが気になるとお悩みのあなた。それは薄毛の兆候かもしれません。

頭皮のにおいと薄毛の関係。そして頭皮のにおい対策をお教えします!

頭皮のにおいの原因は「皮脂」だけではありません

頭皮がにおうのは、「皮脂」のせいだと思っている人は少なくないと思います。だけど皮脂そのものは脂くさくても顔をしかめるほどのにおいではありません。

その証拠に、若い頃は、汗臭くてもおじさんのようなにおいはしませんでしたよね。

また、タレントのタモリさんは石けんも使わずに「赤ちゃん」のにおいがするそうなので、おじさんになってもにおいが気にならない人もいるということです。

皮脂が原因で頭皮がにおうのは、雑菌が繁殖しているから。でも、皮脂だけが原因ならみんな頭皮のにおいが気になるはずですが、そんなことないですよね?

頭皮のにおいの原因は皮脂に混ざっているもの

体に溜まった老廃物は、汗などに混じり体外に排出されます。老廃物とは、体内に吸収されない余計なモノ。「毒素」なんて呼ばれ方もします。あきらかに体に悪い感じがしますね。

そして、この老廃物がにおいの原因です。

ジャンクフード、スナック菓子、清涼飲料水などなど。日頃僕たちが口にするモノは必ずしもいいものばかりではありません。そして、この中に含まれる添加物などが吸収されず、においのもととして頭皮から出て行くわけです。

また、運動不足などで新陳代謝が悪く汗をかく機会がない人は、体外ににおいのもとを排出しづらくなり、どんどん臭くなるということです。

頭皮がにおうとどうして薄毛予備軍?

食生活の乱れと運動不足。いわゆる生活習慣病のようなものですね。とすると、栄養が偏り、血行も悪いとなれば髪が育つ環境が乱れ、薄毛の原因になるということです。

薄毛だけでもなかなかのダメージなんですが、もっと怖いのは成人病などのおそれもあるということです。頭皮のにおいはその前兆と考えらます。

頭皮のにおいの対策は?

頭皮のにおいの原因をまとめると

  • 皮脂による雑菌の繁殖
  • 皮脂に混ざり出てくる老廃物

この2点です。

皮脂による雑菌の繁殖が原因の場合は、丁寧に頭を洗うだけで問題ありません。

しかし、老廃物が原因の場合、体の中から出てきているので洗うだけでは当然改善されません。

頭皮のにおいを改善するためにシャンプーなどを紹介する人もいますが、シャンプーを変えても意味がありませんね。においの根本を断つことが大事です。

食事を気をつけることももちろんそうですが、これだけ食に対して様々な誘惑、また無害なモノばかり食べ続けることは不可能です。

ということは、日頃から汗をかいて、においを薄めていくことが一番の対策になります。単純に運動するということですね。

通勤を活かした、毎日30分程度のウォーキングでもOK。明日から早速始めましょう!