髪が抜けやすい

髪が抜けやすいのは薄毛の兆候?

生え際の細い毛を何となく引っ張ってみたら、なんの踏ん張りもなく、抜けてしまった。
そんな経験ありませんか?

しかも、それが一本ではなく、数本抜けてしまう。
ひょっとしたら、薄毛になるんじゃないか?ってその恐怖たるや言葉になりませんよね。

実際僕はそんな兆候もありましたし、しっかり薄毛にもなりましたorz

だけど、抜けてしまったも大丈夫。というケースがあります。
それは、毛先の形と髪の長さ、そして太さを見れば分かります。

毛先が細くなっていれば危険信号!

毛先の形が、普通に細くなっていたらそ危険信号です。
というのも、髪は本来ある程度の長さまで伸びるようになっています。それは数センチという話ではなく、何十センチと伸びるのが正常です。

毛先が刃物でカットされた形状なら、短くても髪を切ったときのモノなのでそんなに心配する必要はありませんが、それが細く、生えてきた当時のままだとしたら、本来抜けてはいけない髪が抜けているということになります。

短い髪が抜けていれば危険信号!

先ほどの説明にもありましたが、髪は放っておけば何十センチと伸びます。最近は見かけませんが、昔やっていた「世界ビックリ人間」みたいなタイトルのテレビ番組に、よくものすごく髪の毛が伸びた女性が登場していました。
幼いながらに、放っておけばここまで伸びるんだと感心したのを覚えています。

それなに、髪が短いのに抜けてしまうのは異常事態です。

細い髪が抜けていれば危険信号!

さらに、その抜けた毛が細ければ薄毛の兆候と言えます。場所にもよるのですが、髪はある程度の太さがあるのはご存じですよね?加齢に伴い当然細くはなりますが、こんなに細かったっけ?って髪が混ざり始めれば、薄毛予備軍だとみて間違いありません。

髪が細くなれば、髪を支える器官「毛根鞘」で留めきれずに、スッと抜けてしまうと言うわけです。

抜けやすい髪のまとめ

抜け毛の3つの傾向と照らし合わせて、あなたの抜け毛がどうでしょうか?
もし、1つでもあればすぐに薄毛対策をされることをおすすめします。