薄毛男子に朗報!薄毛は優秀な男性の証!?

薄毛は進化の証?

薄毛は進化した優秀な男性の証?

薄毛の男子で、胸を張って「オレ薄毛!」って言える人はごく少数だと思います。僕もあなたも、薄毛なんてコンプレックス以外のナニモノでもない。というのが今抱える悩みであり、問題ですよね。

これは、やはり「薄毛=かっこ悪い」の構図がすっかり浸透しているからです。多くの方が薄毛に悩んでいる事実がある反面、薄毛男性の方が比率的には少数であるのが事実だからです。

しかし、ここで薄毛男子に朗報です!薄毛は進化した優秀な男性の証だということが砂糖明男医師によって紹介されています。

薄毛は優秀な能力を持つ男性の証!

この佐藤明男医師は、約8,000人の薄毛に悩む男性を診察してきた薄毛のプロフェッショナル。佐藤医師によると、男性ホルモンはそもそも「肉体形成」「知能の向上」「生殖能力の向上」などを促進する役割があり、余分な男性ホルモンが薄毛を進行させる「ジヒドロテストステロン」へ変異するということです。

ということは、男性ホルモンが人よりも多い場合、賢く男らしい薄毛の男性ができあがるということになりますね。

進化が薄毛を促進させる!

また、アンチエイジングの第一人者南雲吉則氏は、著書「実年齢より20歳若返る」の中で、男性ホルモンを薄毛のホルモンへと換える酵素は、より進化している人の方が活発に働く。と記しています。

これは、このサイトでも何度かご紹介している、生え際の薄毛の原因は男性ホルモン(テストステロン)が酵素(5αリダクターゼ)と結びつき、発毛を阻害する男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が発生する。という流れと同じです。

本来は、コンプレックスどころか胸を張って良いことだとも書かれています。

やっぱり薄毛は改善したいという現実

だけど、正直薄毛は改善したいですよね?例えば目の前に神さまが現れて、「今、あなたの進化を取り除けば髪は生えるけど、周りの薄毛でない男性と同じようになります。どうしますか?」と問われれば、即答で進化を取り除いてもらいますよね。

いくら進化していると言われても、その恩恵を感じることはほぼ皆無。これが現実です。ドイツとかヨーロッパでは薄毛男性はセクシー。知的。なんて言われていようがここは日本。はっきり行って関係ありません。

もし、「その薄毛、進化だから」って言葉に納得できるなら、その道を進むのもいいでしょう。だけど僕はまだまだ進化にあがらいていきます。あなたもそうなら、しっかり薄毛対策をしましょう!