芸能人の薄毛ってそんなにダメなの?

薄毛の芸能人

芸能人の命は「歯」だけじゃない?

芸能界は一般人の僕たちからすればやはり別世界。華々しい世界ですね。

芸能界では、美男美女だけでなく、短足、肥満、そして薄毛の人だってキラキラしていますよね。やはり、胸を張って生きている人はかっこいいもんです。

でも最近こんな記事を読みました。

「芸能人は薄毛になるわけにはいかない」

東幹久さんが「芸能人は歯が命」ってCMしてましたけど、芸能人の命は歯だけではなかった。ということなんですかね?

薄毛代表として名指しされた大物芸能人の2人

芸能人はどこか「老けない」というイメージがありますよね。同年代で活躍する人が、若々しく見えるものです。

薄毛は見た目を老けさせる大きな要素にもなります。やっぱりイメージが大事ということなんですね。だけど、今回こちらの記事で紹介された大物芸能人のお二人は、個人的に薄毛、いやハゲたって絶対にかっこいいと思います。

しかし、記事では「ハゲるわけにはいきません」と書かれています。

そのお二人とは、矢沢永吉さんと長渕剛さんです。

どうですか?薄毛になるわけにはいきませんかね?

薄毛ですら偽ることを許されない芸能人

この記事の中では、このお二人は「植毛・増毛」はイメージダウンと言われています。このまま放置するしかないと。芸能人だからってなかなかの言われっぷりですよね。

確かに、このお二人は薄毛の対策どころか、それ意外の「ウソ」、特に見た目に関してのウソはイメージダウンになると思います。

真っ直ぐ正直。偽らず自分自身をブランドとし、圧倒的なカリスマで僕たちを魅了し続けています。やっぱりそこにウソがあるとガッカリしますね。

だからといって、このまま薄毛になるのがダメかというと、そんなことはありませんよね。冒頭でも書きましたが、この人達は、この人達そのものでいることがかっこいいわけですからね。

でも、できれば薄毛対策

あるがままがかっよく美しい。このことは揺るぎない事実だと思います。だけど、「そこの髪が残ってたら?」って思うとやっぱり+αがあると思いますよね。

このお二人ほどのカリスマ性があるなら別ですが…。

僕は潔く薄毛対策をします。