自分で抜いた毛は生えてくるの?

ストレスがたまるとつい抜いてしまう

思わず自分で毛を抜いてしまう…それは抜毛症かも?

イライラして気がついたら髪の毛を自分で抜いてしまう。やめたいのにやめられない。そんなことはありませんか?

これは、自然に起こる「脱毛症状」とはあきらかに異なる「抜毛症」のおそれがあります。

なぜ髪の毛を抜いてしまうの?抜毛症は治るの?抜いた髪の毛はまた生えてくるの?そういった疑問についてご説明します。

なぜ髪の毛を抜いてしまうの?

抜毛症は「心の病」が原因であることを知ることが大事です。なにかストレスがあったときに行う「クセ」が髪の毛を抜くという行為につながります。

  • 発症率は0.6〜3.4%程度
  • 女性が9割
  • 20代までの層に始まる

といったことが分かっています。

不安がつのると髪の毛を抜いて、一時的に気持ちを楽にする「自傷行為」に近い症状です。繰り返し髪の毛を抜くことで症状が悪化するケースもあります。

抜毛症は治るの?

なんだって始まりがあれば終わりもあります。また、抜毛症は心の病からくるものなので元を改善できれば当然その症状も治まります。

「心の病」なので、病院となると心療内科や精神科。皮膚にダメージがある場合は皮膚科での診察ではありますが、抜毛症以外の精神疾患をお持ちでなければ、病院はもう少し先にするのも1つです。

病院では基本的に薬による治療になりますが、心の病はつまり「脳へ作用する薬を使う」と考えればちょっと怖くないですか?

僕個人の意見としては、ストレスの原因が分かっている場合、環境が許すなら「逃げてしまう」というのがおすすめです。

会社が原因なら辞めてしまう。学校が原因なら登校拒否でもかまわないと思います。
もちろん信用できる人に相談するなどできることを済ませた上でという前提です。

長い人生、少し寄り道、休憩したってなにも悪いことではありません。あなたの代わりはいませんし、あなたがあなたを大事にしてあげないと、誰も救いの手を伸ばしてはくれませんから。

もし、それが難しい場合、そこで「病院」という選択肢を選んでください。

抜いた毛はまた生えてくるの?

基本的には生えてきます。男性ホルモンなどが原因で髪の毛が抜けてしまう場合と違い、髪が生えるシステムに異常がなければ間違いなく生えてきます。

しかし、抜くことにより毛根のダメージが深刻な場合は再生が難しいというケースも考えられるので、早めの対処が大切です。