生え際の髪が少ないのは普通?

鏡を見て、「あれ?オレってこんなに生え際薄かったっけ?」と心配になることがありますよね。
父親が薄毛だったりすると、遺伝なのかと余計に心配になるものです。

最終的に「そもそも生え際ってこんなんだっけ?」とわけが分からなくなってしまいませんか?
僕もそう思い、ネットで生え際の画像ばかりを探しては、自分の生え際と比較したりしていました。
まぁ、実際僕は薄毛だったんですけどね…。

ネットの画像は正直そこまで鮮明でないので分かりませんし、光の加減で多くも少なくも見えるので、あてになりません。

生え際の薄さは生まれつき?

では、実際生え際の髪は少ないのでしょうか?
僕の経験から申し上げると、「どっちもいる」ということです。
「生え際の髪が多い人」もいれば「生え際の髪が少ない人」もいるということですね。

正確には、「生え際の髪が太いか細いか」ということです。

髪の本数は、生まれつき決まっているので、あとは太さなんですね。
太ければたくさん生えているように見えますし、細ければ少ないように見えます。
こればっかりは体質という他ありません。

では、生え際の髪が細ければ薄毛になるのか?というとそんなこともありません。そのまま歳を重ねる人もたくさんいます。

では、どこで薄毛かどうかを判断するのか?ということになりますね。
そこにはきっちりと、薄毛かどうかを決める基準が存在します。