親が薄毛だと子どもがかわいそう?

僕が育毛を続けている理由の一つには、「子どもがかわいそうだから」ということがあります。
誤解がないように先に言っておきますが、一番かわいそうなのは僕やあなたです。

というのも、妻から「親がハゲてると子どもがかわいそうでしょ?」と言われたことがあるからです。

言い返したくてもぐうの音も出ませんでした…(涙)

わかりきったことを改めて攻められるのは、心が傷つくどころか、粉々に砕かれるような感じです。はっきりいって立ち直れません。

話が脱線しましたが、やはり「お前の父ちゃんハーゲ!」なんて言われている子どもの後ろ姿を想像すると、胸が苦しくなりますね。

まだ経験がありませんが、「どうしてお父さん頭に髪の毛生えてないの?」なんて言われた日には、抱きしめて泣くしかありません。

だからこそ続けた育毛剤

子どものイベントは、参観日に運動会、なにやらの発表会。それ以外にも習い事や部活なんてやっていたら、試合の観戦だってあります。

子どもを肩車して、髪を引っ張られたときのストレスといったら、それはもう…。

だから諦める訳にはいかなかったんです。15年間も育毛剤を続けてきたのはこのときのためなんですから!
回復を見せ、毛量をキープできているのはおそらく、育毛剤があったからだと思います。なぜなら、父が今の僕と同い年の頃には既にハゲあがっていましたから。

一気に薄毛が改善することはありませんから、毎日継続することが大切です。

なんだって早めの対策が大事ですね。