薄毛のシャンプーの回数は?

薄毛にはシャンプーの回数が多い方がよい?

頭皮の皮脂の臭いやテカリが気になり、そもそも薄毛はこの皮脂が原因じゃないかと、朝、晩、多いときは昼にもシャワーを浴びて頭を洗っているということはありませんか?
薄毛にはシャンプーの回数が多い方がよいのではないかと。

薄毛にはシャンプーの回数は少ない方がよい

シャンプーはそもそも、頭皮を正常に保つモノですよね。ではどういった状態の頭皮が正常なのかというと、「適度に皮脂が残っている状態」が正常です。

そもそも、皮脂には紫外線などの外からの刺激から頭皮を守る役割や、頭皮が乾燥しないように水分を保つ役割などがあります。それらを全て取り除いて言い訳がありませんね。

何度もシャンプーをすることで、頭皮には必要な水分が残らず、頭皮環境が乾燥して荒れてしまいます。この状態を「バリア機能の低下」と言うのですが、その言葉の通り外からの刺激に弱くなり、頭皮はさらに薄毛の原因になる状態になります。

摩擦でも髪は抜ける

シャンプーの回数が多いと、皮脂をたくさんとってしまうだけでなく、当然指でゴシゴシと洗うので、生え始めの弱い髪の毛などが摩擦に負けて抜けてしまいます。

これはどれだけ丁寧に洗っても、摩擦する回数が増えるということ自体が、抜け毛が増えるリスクが増えるということに繋がります。

皮脂を抑えたければシャンプーの回数は減らす

そもそも皮脂を抑えたいときは、何度もシャンプーするのではなく回数を減らすことがおすすめです。というのも、皮脂はとればとるほど危険だとみなし、無くなった皮脂の量以上皮脂を分泌します。これを繰り返すととんでもないことになることはお分かりいただけると思います。

シャンプーは多くても一日一度。強くこすらずマッサージする程度でOKです。汚れ自体はシャワーで流す程度でほとんど無くなりますからね。あと、洗浄力の弱く肌に優しいシャンプーがオススメです。