今から始めないと間に合わない?秋の抜け毛対策(冷房編)

冷房は抜け毛・薄毛の原因?

夏になるとこれなしでは生きていけない…だけどそれが抜け毛の原因?

夏になると必ずといってお世話になるのが「冷房」ですね。一昔前には贅沢品だったこの冷房も今では賃貸物件でも標準装備です。それぐらい僕たちの生活にはなくてはならないこの冷房が、薄毛の原因になるとしたら?あなたはそれでも使い続けるでしょうか?

薄毛と冷房の関係についてご紹介します。

「冷え性」を招く冷房

女性にとってはもう当たり前のことですが、冷房は当たり続ける、もしくは冷房の効いた部屋に長く居続けることで「冷え性」になります。

これは単純に、冷気が体に当たって体が冷えるといって単純な話しではありません。本来夏場は副交感神経が活発になり、血管を拡張して外にに熱を逃がそうとします。しかし、冷房に当たり続けることで体が冷え、外へ熱を逃がさないように血管が収縮します。そして、血行が悪くなり冷えを起こします。血行が悪いと言うことは、髪を育てる栄養が行き渡らないということですね。

しかも冷えの影響は血行を悪くするだけに留まらず、冷房の効いた部屋と30℃を超える外気との行き来に体が付いていかず、本来出るはずの汗がでなくなり、毛穴が詰まりやすくなります。

また、汗は体の中の老廃物を出すためにも必要になるので、そういった不要なモノが体に溜まり、疲労感を感じるようになります。これが夏バテというやつですね。

冷えはホルモンバランスさえ崩す

さらに、自律神経がバランスを取れないでいるので、ホルモンの分泌にも影響がでます。薄毛の一番の原因はホルモンバランスなので、ホルモンバランスを崩し、それが薄毛の原因になるとも考えられます。

冷房で薄毛にならないためには?

冷房で薄毛にならないためには、一番は「冷房を使わないこと」ですが、暑い日が続くとそんなこと言ってられません。場合によっては命に関わることもあります。

対策としては、「温度を下げすぎない」ということです。

  • 基本的には25℃から28℃
  • 外気から3から4℃引いた温度
  • 冷房を止めて窓を開けて空気を入れ換える
  • 直接冷房にあたらない

まずはこの4点に気をつけて冷え性にならないことが大事です。

さらに、運動や入浴などで血流を改善。食べ物は冷たいモノを我慢して、体が温まるモノを食べるようになど、生活習慣の見直しも効果的ですよ。