今から始めないと間に合わない?秋の抜け毛対策(紫外線編)

紫外線は抜け毛の原因?

秋は抜け毛の季節です

まだ夏に入ったばかりですが、今から抜け毛対策を始めないと秋の抜け毛が増える時期には間に合いません。

では、そもそもなぜ秋に抜け毛が多くなるのでしょうか?夏が秋の抜け毛に関係しているのでしょうか?

秋と抜け毛、その関係と対策についてご紹介します。

夏のダメージが秋に抜け毛が増える原因の1つ

夏は色々と体に負担が多い季節です。

  • 紫外線
  • 冷房などの空調
  • 生活習慣

など、他の季節にはみられない特徴があり、また、それらが抜け毛の原因になっています。

紫外線が抜け毛を促進させる

ジリジリと肌を焼く紫外線。子どもの頃は今ほど日焼けに敏感ではなかったので、日焼け止めを塗っている友達なんて誰もいませんでした。あのこんがり焼けているのが健康的だったんですよね。

だけど、今はその子どもですら日焼け止めを塗るのが当たり前。皮膚ガンに代表されるように、肌の健康について予防・ケアするのが当たり前になりました。

それでも髪に関しては、まだまだ紫外線の予防まで意識している人は多くありません。あなたもそうではないですか?

髪を傷める紫外線

髪に紫外線が当たると、キューティクルが剥がれ傷みます。傷んだ髪は細くなり、髪の本数が変わらなくても薄くなった様に見えます。

頭皮にも届いている紫外線

完全な薄毛か坊主でもない限り、地肌に紫外線が届くことなんてないと思っていませんか?頭皮に紫外線が当たると、腕などと同じように日焼けします。日焼けは簡単に言うと「火傷」ですので、肌には水分があまり蓄えられていないということになります。

バリア機能の低下、そこから炎症や肌荒れを起こすこともあります。

紫外線の対策は抜け毛の対策

簡単なのは、陽に当たらないこと。帽子や日傘なんかを利用することです。さすがに男性は日傘は抵抗があるでしょうから、帽子ですね。

その際に気をつけていただきたいのが、通気性のよい帽子を選ぶことです。

帽子の中が蒸れると、気になるのはやはり「雑菌の繁殖」です。雑菌が繁殖すると、当然頭皮へのダメージも考えられますし、抜け毛の原因にもなります。

通勤時でも外出の際はできるだけ帽子をかぶるようにしましょう。