1日に髪は何本抜ける?

脱毛イメージ

「朝起きると枕元に髪が落ちている」

「髪を洗うと手にたくさんの抜け毛が…」

そんな恐怖体験をあなたも経験されていることだと思います。
そして、「こんなに抜けて大丈夫なのか?」と心配されているのではないですか?

でも、「そもそもなぜ抜けるのか?」ということを知ることで、抜け毛、薄毛の対策も打てるようになります。

髪はなぜ抜けるの?知っておきたい「毛周期」

体に例えると分かりやすいのですが、人の細胞は常に新しく生まれ、不要なものは「老廃物」として体外に排出されていきます。
皮膚だと「アカ」になり、血液だと「汗」や「尿」になるわけです。

なんにでも寿命があり、サイクルがあるということです。

髪だと「毛周期」というものがあります。よく耳にする言葉に置き換えると「ヘアサイクル」ですね。
その流れは主に

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

となっています。そこで、各時期が髪にどう影響していくのか説明します。

成長期

成長期とは、毛細血管から栄養を取り入れ、毛球部で毛髪が作られている状態です。
その期間は2〜6年で、通常は髪の全体の90%が、この成長期にあたります。

退行期

退行期は、毛球部での毛母細胞の分裂が急激に衰えてくる時期です。
期間はおよそ14日間前後

休止期

休止期は毛母細胞の分裂が止まり、毛髪自体が作られなくなります。
休止期間はおよそ3ヶ月。そして、また成長期がやってきます。

このように髪にはサイクルがあって、「休止期」から「成長期」に差し掛かるタイミングで髪が抜けていきます。

また、人の毛髪(毛包)は別々に活動しているので、犬や猫のように特定の季節に一斉に抜けることはありません。
そして、一生のうちにこの毛周期は、およそ15回繰り返します

髪は「休止期」から「成長期」にかけて、10,000本抜ける!

それで結局1日に何本抜けるかということですが、たとえば髪の毛が10万本ある人の場合、約10%の1万本が「退行期」「休止期」にあたり、「成長期」に移行する3ヶ月の間にこの1万本が脱毛する計算になります。

抜け毛の総数だけ見ると青ざめてしまいますが、これを1日で換算すると大体「111本」程度です。
なので、

「枕に4〜5本髪が抜け落ちてた」

「整髪料をつけていたら手に10本抜け毛が」

なんてことで薄毛の心配をする必要がありません。

また、整髪料で整えている時は抜けた髪もくっついている状態なので、髪を洗った時にはいつもより抜け毛が多い気もしますし、髪を洗わず翌日に洗うと抜け毛が多く感じるのも、前日に抜けるはずのものが翌日に持ち越したと考えると納得できますよね。

それとは違って、それ以上に抜け毛が多いと感じたり、確実に抜け毛が200本、300本ある!(数えるのが大変ですが)という人は、原因を知って薄毛の対策を行い、改善していく必要があります。