「若ハゲ」は克服できるので恐がらなくても大丈夫です

これが若ハゲ!?

増え始めた「若ハゲ」に悩む20代、30代の男性

最近は薄毛、若ハゲの人たちへの女性の理解も広がり、薄毛だからって恋愛や結婚ができないということも少なくなったのではないかと思います。頻繁に「育毛シャンプー」や「薄毛、若ハゲは病気だから治ります」というCMが流れるので、「薄毛、若ハゲは治る」ということが一般的になってきたからではないかと思います。

僕は基本的に「育毛シャンプー」や「病院での若ハゲ治療」はこちらの記事でも書いた通りおすすめしません。

でも、このお陰で薄毛、若ハゲ治療が広まったとなると貢献度はなかなかだと思います。

でも、そのためにムダに「薄毛になるんじゃない?」「あれ?これって若ハゲ?」と心配している20代、30代が増えているのも事実です。

若ハゲってなに?

「若年性脱毛症」と言われる若ハゲとはどんな状態なのかというと、前頭部から頭頂部がの髪が少なくなる、細くなる現象のことです。

なにが原因なのかというのは、若ハゲになる人とならない人がいることから単純に「体質」だということです。

主に遺伝的要素が強いということが考えられますね。

何歳から薄毛になると「若ハゲ」なの?

主に、20代から30代の薄毛の状態を若ハゲと言います。世間的には、年齢にしては髪が薄いという状態が「若ハゲ」と呼ばれると言ったほうが正確かもしれませんね。

薄毛の兆候は、あなたが気づかないときから始まっていますので、ずいぶん若い頃から薄毛になる準備をしていた。と言ってもいいかもしれません。「急に若ハゲになる」ということはありませんからね。

若ハゲを克服する方法

10代の本当に若い頃と違って、20代、30代はどんどん老いの準備を始めていきます。ですので、外見にも老いが見え始めるのも当然なんですが、さすがにこの年齢で薄毛、若ハゲになるのはあまりにも早いですね。

先ほどにも書きましたが、あなたは「ずいぶん若い頃から薄毛になる準備」をしていたわけですが、その真意はあなたがどんな毎日を過ごしてきたか?ということです。

ずばり、若ハゲの克服は「生活習慣」にかかっています。

生活習慣を見直して若ハゲを克服

基本的には、

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

この3つです。

食事は基本的に油モノを抑え、野菜を中心に食べましょう。炭水化物を摂るよりも肉を食べるほうがいいです。もちろんおかしやコンビニ弁当、できればスーパーなどのお総菜やお弁当もやめて、自炊することをおすすめします。

睡眠は毎日決まった時間に7から8時間は必要です。特に、0時から2時は髪を育てるために重要な時間なので、必ずこの時間帯は眠れるようにしましょう。

最期に運動ですが、毎日徒歩で30分程度は通勤で歩いているということでしたら、とりわけなにもする必要はありません。そうではない場合はこれぐらいの時間は歩きましょう。

生活習慣の見直しが難しい場合の若ハゲ克服法

「生活習慣を見直しましょう」と言うのは非常に簡単ですが、実行するとなると仕事だったり、家庭だったり非常に難しい場合があります。そういった場合は足りない分を「育毛剤」で補います。僕がそうです。

育毛剤には当然、若ハゲを克服するために必要な成分が配合されているので、効率よく若ハゲの対策ができます。

しかし、育毛剤も数多くありますし、どれが効果があるなんてわかりませんよね。

そこで、育毛剤をランキング形式でご紹介しています。もちろん1位の育毛剤は僕が使っている育毛剤です。

→育毛剤ランキングはこちら