ウーロン茶は薄毛に効果がある?ウーロン茶で薄毛対策!

ウーロン茶に薄毛改善の 成分が含まれていた!?

全く気にもしていなかったウーロン茶で薄毛の対策ができる?

薄毛対策で有名な「リーブ21」によると、ウーロン茶の保有成分には薄毛の原因である男性ホルモン「5αリダクターゼ」を阻害するものがあると発表されました。

ウーロン茶なんて身近なものに薄毛の改善効果があるとは、思いもよらなかったのでかなり驚きです。

では、毎日ウーロン茶を飲めば薄毛は改善できるのでしょうか?ウーロン茶の薄毛対策効果を考えてみます。

ウーロン茶による薄毛改善はどのように実証されたの?

今回の、ウーロン茶による薄毛対策は、2016年3月26日〜29日に行われた「日本薬学会第136年会」にて発表されました。

もともと、「お茶」自体に薄毛を改善させる有効成分が含まれているという報告は数多くありましたが、ウーロン茶に注目した例は少なく、リーブ21ではこのウーロン茶に着目し、研究を重ねたということです。

実験方法は以下の3通りです。

  • ラット肝ホモジネートとラット精巣上体ホモジネートを用いた5α-リダクターゼ阻害試験
  • LNCaP 細胞を用いた細胞生存能試験
  • C57BL/6マウスを用いた毛成長試験

ラット肝ホモジネートとラット精巣上体ホモジネートを用いた5α-リダクターゼ阻害試験

「ラット肝ホモジネート」と「ラット精巣上体ホモジネート」には、5α-リダクターゼが存在し、試験管内で5α-リダクターゼの阻害作用を確認できます。

5α-リダクターゼ阻害試験

上記グラフを見てもわかるように、ウーロン茶0.6%は、エストラジオールやフィナステリドと同様の効果があることがわかります。

フィナステリドは薄毛に悩む男性ならご存知の育毛剤ですが、エストラジオールはあまり聞きなれませんよね。エストラジオールは女性ホルモンである「エストロゲン」の主要成分の1つです。

エストロゲンには、卵胞の成熟促進やアルツハイマー病の予防などの作用があります。女性ホルモンのバランスを保つために、更年期障害の治療にも用いられます。

男性がこのエストラジオールを用いると、男性ホルモンの抑制に効果があるので薄毛の改善にも期待できます。

LNCaP 細胞を用いた細胞生存能試験

LNCaP細胞は、前立腺癌などの研究に用いられる細胞で、シャービー内での試験になります。テストステロンによる細胞の増殖を抑制できるかを確認することが目的です。

LNCaP細胞の細胞生存能試験

ビカルタミドとは、前立腺癌の増殖を阻害する薬で、抗がん剤ということになります。このビカルタミドの副作用に男性ホルモンの低下や勃起力の低下などが見られます。

ウーロン茶には、ビカルタミドと同様の効果が確認されました。

C57BL/6マウスを用いた毛成長試験

C57BL/6マウスとは、人間の疾患のモデルとして使われるマウスのことです。

  • テストステロン
  • テストステロン+ウーロン茶50%
  • テストステロン+ウーロン茶100%

この3つのパターンでマウスが育毛するかどうかを確認することが目的です。

C57BL/6マウス毛成長試験

上記グラフからも見てわかるように、テストステロン+ウーロン茶100%の成績が非常に良いことがわかります。

このウーロン茶を使用した育毛効果実験により、ウーロン茶には抗男性ホルモン作用が期待できるという結果にたどり着いたということです。

ウーロン茶を用いた薄毛対策はいつから始められるの?

ウーロン茶が薄毛に有効だということはわかりましたが、実際に薄毛対策として用いられるのはいつ頃かということですが、残念ながらリーブ21によるとまだ明らかにはなっていません

まだまだ詳細な実験を行い、男性ホルモンとウーロン茶の因果関係について特定する必要があるため、商品開発にはまだ時間が必要なようです。

少なからず、毎日ウーロン茶を飲み続けると薄毛が改善されるといった単純なものではないようです。

参照:リーブ21「ウーロン茶に男性ホルモン抑制作用 薄毛の原因「5α-リダクターゼ」を阻害し 育毛を促進する作用を確認」