薄毛を好印象に見せる方法は?

薄毛を好印象に変える方法は?

薄毛を好印象に見せるヒント

薄毛の印象はどうしてもいいものではありません。「好印象の薄毛」なんて言葉すら存在しないのではないかと思うぐらい。だけど、薄毛を好印象にする方法はあるんです。

「旦那がなかなか薄毛を認めないからなんとか認めさせたい」というテーマで企画されたコーナーが放送されていました。

なぜ薄毛を認めさせたいかというと、薄毛なのに髪を伸ばしてみっともないということだそうです。好印象とは程遠い。それが現状だったようです。

別に薄毛がダメだということではなく、薄毛に似合った髪型にしてくれればいいのに、旦那さんは一向に「薄毛ではない。頭頂部が薄いだけ。」と自身が薄毛であることを認めないことから番組に依頼したようです。

薄毛に悩む男性の悩みとは?

直接「あなた薄毛ですよね?」と伝えるのは難しいので、薄毛の男性の悩み事をインタビュアーが尋ねたところ、

  • ストレートネックで首が痛い
  • 身長が低い
  • 体重が増えた

と薄毛には関係のないことばかり。

このままではラチがあかないので、直接伝えることになりました。「あなた薄毛ですよね」って。

薄毛の悩みは口にしたくないほど深刻

薄毛のインタビュアーが自分の薄毛をカミングアウトするところから入り、あなたも薄毛ですよね?という流れでスムーズに自身が薄毛であることを認めました。

どうして悩み事を聞いた時に薄毛のことを言わなかったのかというと、

「現実を見たくなかった…」

というとても悲哀に満ちた言葉が、薄毛の男性の口から出ました。薄毛は「身長が低い」「肥満」よりもずっと深刻で、口にするのもイヤな悩みであるということがわかるシーンでした。

薄毛に似合う髪型で好印象!奥様もべた褒め!

元々の依頼は、「薄毛に似合う髪型に変えて欲しい」というもので、それにはまず薄毛であることを認める必要があったんですね。

その薄毛の男性は、近くの美容室で薄毛に似合う髪型へカットすることになりました。

そして、いざ奥様と対面すると、薄毛をカミングアウトする前よりも表情が明るく好印象!奥様も惚れ直したとべた褒め!

薄毛を好印象に変える髪型前、後

薄毛は誰のせいでもなく、薄毛自体をせめる人はそういません。問題は薄毛とどう付き合うのかということですね。

髪型一つで薄毛が好印象に変わる。それを目の当たりにした1シーンでした。