保険が適用される育毛剤「フロンジ液」の効果は?

負担が軽くなるかも

保険が適用される育毛剤「フロンジ液」って知ってますか?

育毛剤といえば、医薬品である「ミノキシジル」や「フィナステリド」や、医薬部外品の「チャップアップ」や「薬用プランテル」など数多くあります。

病院で薄毛の治療を受けた場合、処方されるのは医薬品の育毛剤になりますが、薄毛の治療は自由診療なので、当然これらの薬は保険適用外となり、病院にもよりますが一ヶ月でおおよそ5,000円から10,000円前後必要となります。

育毛剤は効果があっても、やめてしまうと徐々に本来の形である薄毛に戻っていきますので、継続することが大前提になります。

しかし、ランニングコストとして毎月10,000円前後の出費はイタイですよね。

「薄毛・抜け毛は病気」って言っている割には全く病気扱いされていないなというのが本音です。何かいい方法はないかと考えていると、ふと思い出しました。

保険が適用される育毛剤の「フロンジ液」を。

フロンジ液って何?

フロンジ液は第一三共の商品名です。ミノキシジルを配合したリアップみたいなものですね。

フロンジ液の主成分と効果

フロンジ液の主成分は「カルプロニウム塩化物水和物」というものです。その主な効果は「血行の促進」です。

カルプロニウム塩化物水和物は血管を拡張する作用があるので、血流を改善し、毛乳頭細胞へ栄養や酸素を送り込めば薄毛の改善が期待できるというものです。

この血管を拡張する効果、何かに似ていると思ったら、リアップなどのミノキシジルを使った育毛剤にも同じ効果がありますね。

フロンジ液が効果的とされる薄毛の種類

以下の薄毛のケースには効果があるとされています。

  • 円形脱毛症(多発性円形脱毛症を含む)
  • 悪性脱毛症
  • び漫性脱毛症
  • 粃糠性脱毛症
  • 壮年性脱毛症
  • 症候性脱毛症など

上記はフロンジ液の「効能・効果」の項目に記載されている内容ですが、第一三共のホームページには男性型脱毛症(AGA)にも効果があるとしています。カルプロニウム塩化物水和物に血管を拡張する作用があるとすればAGAに効果があるのもうなずけますね。

フロンジ液の副作用

副作用はそれほどきつくなく、5%未満がかゆみなどの過敏症、同じく5%未満にヒリヒリなどの刺激痛などのアセチルコリン様作用が見られます。

後者のアセチルコリン様作用には、悪寒、嘔吐なども見られるようですが、それも稀なようです。

フロンジ液と同じ有効成分が含まれた育毛剤

また、根本的にズレた話ではありますが、フロンジ液の有効成分であるカルプロニウム塩化物水和物を用いた育毛剤は薬局などでも購入が可能です。

第一三共から発売されている「カロヤンシリーズ」がその一つです。有効成分が同じなので、フロンジ液と同様に血管の拡張による血行促進が主な効果です。

フロンジ液との違いは、有効成分のカルプロニウム塩化物水和物の配合量です。市販薬のカロヤンシリーズはカルプロニウム塩化物水和物の配合量は3%未満ですが、フロンジ液のカルプロニウム塩化物水和物の配合量は5%です。

当然有効成分の濃度が高いフロンジ液の方が薄毛改善が期待できますが、濃度が高まると、副作用のリスクも高まるので医師の処方が必要になるということです。カロヤンシリーズの購入をお考えの方は、一度皮膚科で相談してみてもいいですね。

ミノキシジルとフロンジ液はどちらが効果がある?

日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」によると、

  • ミノキシジル:推奨度A
  • カルプロニウム塩化物水和物:推奨度C1

となっていますので、専門的な見解でははっきりとカルプロニウム塩化物水和物よりもミノキシジルの方が有効としています。

しかし、ミノキシジルが保険適用外であるのに対し、カルプロニウム塩化物水和物は保険適用なので費用的な問題はずいぶん軽くなります。

また、臨床数が少ないので医学的効果の実証とまではいかないまでも、カルプロニウム塩化物水和物にも薄毛改善の効果が見られたという結果も数例あります。ミノキシジルほどでもないにしろ、全く効果がないということでもないということですね。

管理人がフロンジ液をお勧めしない理由

ここまで読み進めて頂ければ、フロンジ液も費用対効果を考えるとそんなに悪くないかも?と思われたかもしれませんが、僕はあまりお勧めしません。

なぜなら、僕には効果が全くなかったからです

あくまで個人の感想なので、あなたには効果があるかもしれませんが、病院で実際に処方され、その場で先生に塗っていただいた時も

「円形脱毛症とかび漫性脱毛症の薬だからね〜」

と、「だからあなたには効果がありませんよ」と言われていると感じたのも事実です。

また、AGAの原因は血行不良だけでなく、男性ホルモンの問題もありますので、血管拡張作用のあるミノキシジルが生え際の薄毛に効果がないとされるように、フロンジ液も効果はあまり期待できません

育毛剤で薄毛を改善するのなら、血行改善に合わせて男性ホルモンの対策も含んだ育毛剤を使うようにしましょう。