アラサーの薄い髪はどう対策する?

アラサーの薄い髪には育毛剤

アラサーなんて言葉が市民権を得て、もう何年も経ちますがこの年齢特有の悩みである「薄毛」の対策は、もう食事や運動といった日常生活の見直しや、育毛シャンプーなどではどうにもならない状態であることがほとんどです。(実際に僕はそうでしたorz)

というのも、それこそ20代前半などは細胞も若いのでなんにしても回復が早いです。あなたにも経験があると思いますが、疲れていても「眠れば回復する」というふうに自己治癒力が本当に高いんですよね。まさしく「若さ」のなせるワザです。

しかし、20代後半であるアラサーともなると、「寝ても疲れが残る」という経験をすでにされているのではないでしょうか・・・。

髪の毛が薄いのは老化の象徴

こんなことがなぜ起こるかというと、言うまでもなく「老化」なんですね。若い頃は新陳代謝が活発なので、傷んだ細胞や古くなった細胞はあっという間に入れ替わります。
しかし、歳を重ねると古い細胞を体にため込んだまま次の日を迎えることになります。これが「疲労」というやつですね。

では、なぜ新陳代謝が低下するのかというと「エネルギーが足りない」ということと、「血流が悪い」ということになります。

エネルギーが足りないから薄毛になる

なんだって、「エネルギー」があって初めて成長するものです。そのほとんどが口から摂取するものでまかなわれますが、あなたの今の食事はどうでしょうか?例え栄養のバランスが取れていても、「素材そのものは新鮮なの?」と聞かれて大丈夫と言い切れる人はほとんどいません。

新鮮な食材には「生命エネルギー」が満ちています。通常のタンパク質やビタミンなどとは異なるエネルギーですね。なんだかうさんくさい話のようにも感じますが、「お刺身は新鮮な方がおいしい」というのは常識でもあるし、あなたもご存じだと思います。

体はなにを必要としているのか?ということを知っているということですね。

血流が悪いから薄毛になる

なんらかの方法でエネルギーを摂取することができても、それが体に行き渡らなければ意味がありません。そのエネルギーを運ぶ役割を持っているのが「血流」です。

あなたの血流はスムーズでしょうか?パッと見てそんなことはすぐに分かるものではありませんが、例えば「肩こり」「腰痛」などの症状があれば間違いなく血流が悪い状態です。
薄毛の場合はもっと分かりやすく、頭皮を合わせ鏡などで見て赤みを帯びていれば間違いなく血流が悪い状態です。

血流を改善してエネルギーを頭皮に届けるには育毛剤が最適

では、どうやって薄毛の対策をするかというと、この足りないエネルギーを補充して血流をよくすることです。

まず、先ほど申し上げた通りエネルギーを食べ物だけで十分補充することは難しいということはご理解いただけていると思います。ですので、育毛剤でしっかり必要なエネルギー(栄養)を補充してあげるんです。

育毛剤というだけあって、髪が生えるための成分はしっかり入っています。中には、頭皮に振りかけて意味があるのか?なんて言う人もいますが、「貼る湿布」や「貼る咳止め」なんていうのも同じ原理ですよね。皮膚からも栄養はしっかり吸収することができるんです。

そして、その栄養の中には「血流を促進」するものも含まれています。エネルギーを補えて血流を促進できるならこれほど薄毛の対策によいものはないと思いませんか?

当然全ての育毛剤がこういった効果が期待できるというわけではありません。そこで、僕が実際に使っている育毛剤も含めランキング形式でご紹介します!